それでもクリスマスはやって来る

山に行こうねと約束していた友人夫婦から、キャンセル連絡がありました。
ご主人のギジェムが落ち込んでて家から出たくないのだそうです。
感情に起伏がなくていつもにっこり落ち着いた感じのあのギジェムが?
山を歩けば元気が出るよと説得したけど、鬱気味でその気になれないとのこと。
家計に影響のない公務員の彼でさえこれなのだから、経済的に打撃を受けている人、仕事や学業がままならなくなった人、家庭内問題が起こった人達が精神に支障をきたしているというのは無理のない話です。
他人事のようにこう書いている私自身も不安で落ち込むことがあって、そういう日は仕事をさっさと片づけて、気功で気持ちを落ち着けて、猫たちと和むことにしています。

友人夫婦が来なくなった日曜の朝、予定を変えて、Sagrera~Clot地区を歩いてみます。
バルは閉まっているからトイレには行けない!
2時間で1万歩が目標です。

いつもは親子連れで賑わうSagreraの憩いの広場、Plaça de Masadasはガランガラン。

いつもはお散歩の人達で賑わうClotのお店通りもガランガラン。

静かすぎて味気ないねと、とーさんと話していたら、Clotの市場のある広場で、クリスマスのイルミネーションを見つけました。
今年の1月に取り外すはずはずだった前回のクリスマスのが残っているんだろうと思ったけど、念のために5月にClotを散歩した時の写真で確認してみたら、何とこれは今年のクリスマス用でした。
それにしても今年のクリスマス、一体どうなるのかしら。
その頃には夜間外出規制が緩和されて、イルミネーションの下をお散歩できるようになるのかな。
とーさんの妹家族とクリスマスを祝うのが恒例だけど、このままだと8人集まるパーティーは禁止の可能性もあり、そうなれば家族だけのクリスマス。
それでもやっぱり牛のテールの煮込にしよう。

また見つけた、クリスマスイルミネーション。

今週の土曜日は、カタルーニャでは焼き栗とPanallets(アーモンドの焼き菓子)を食べる日。
焼き栗、焼き芋、Panallets、ザクロ、モスカテル…秋色の夜長。
夜の外出規制で息子達と一緒にお家飲みになるのだろう。
それもいいね。
豚足でも煮込んでみようか。

ゆるベジタリアンが久々にお肉の煮込みを作りたくなる、そんな夕暮れが更けていきます。

♪Bill EvansのPeace peiseを聴きながら♪